2010年02月02日

「相続登記はお済みですか月間」のご案内

兵庫県司法書士会所属司法書士の業務広告に関する規程(平成21年4月18日理事会審議承認)第3条(禁止される広告)第6号は「不当誘致のおそれのある広告」を禁止しています。

兵庫県司法書士会所属司法書士の業務広告に関する運用指針(平成21年4月18日施行)第3条(禁止される広告)第7項によれば、上記規程の「不当誘致のおそれのある広告(第6号)」として「相談無料との記載」があげられています。

これは、相談無料そのものを問題としているのではありません。
「相談無料との記載」を「不当誘致のおそれのある広告」としているのです。

「相談無料」といっても、無料相談のみで解決のつくことは稀であり、実際の手続き全てが無料になることは通常考えられません。
また、無料といっても、どの程度の相談までが無料なのか、また、それには時間制限がないのか等、不明瞭な点も多々あり、専ら客引きのために利用され、必ずしも依頼者のためにならないこともあり、いらぬトラブルを防ごうという趣旨ではないかと思っています。

このガイドラインは、主に多重債務関係での過激な広告等に対して問題ありと兵庫県司法書士会が考え定めたものです。

私も兵庫県司法書士会に所属する司法書士ですから、日頃から「無料相談はダメ」という意識があり、過剰なまでに「無料相談という表示」には拒否反応があるところです。

しかし、「相続登記はお済みですか月間」は、皆様に放置されている相続登記がないかどうかを点検、確認していただきたくために日本司法書士会連合会が設けたもので、各司法書士会が連携・協力し無料相談を実施するものです。

これは、昭和59年より毎年2月に実施しており、司法書士会だけではなく専門家である司法書士も相続登記に関する相談に無料で応じる広報活動です。

よって、「不当誘致のおそれのある広告」には該当しません。

お近くの司法書士会や司法書士事務所にて、お気軽にご相談下さい。
posted by せんすい at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35084752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ