2010年02月06日

コンビニエンスストアによる証明書交付について

昨夜、兵庫県司法書士会会館での会議中に、お客様から電話があり、すぐそばに来ているので、手続きの費用を預かって欲しいとのこと。

わざわざご持参いただいたことに感謝し、預かったものの、銀行も閉まっているし、どうしたものかとふと不安になりました。

そうだ、セブンイレブンのATMを利用すればと思い、帰りに入金のため、立ち寄りました。

案の定、次いでに飲み物も買ったりして、商売上手とうなずきました。

ところで、コンビニエンスストアといえば、平成22年2月2日から東京都渋谷区、三鷹市、千葉県市川市のセブンイレブン6店舗(各団体2店舗)において、住民票の写し及び印鑑登録証明書を発行するサービスが開始されたようです。

本年中に全国での展開が順次予定されているとのこと。
関係資料は、総務省ホームページにも掲載されていますのでご覧ください。

総務省HP
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/22772.html

現時の社会生活を考えると、公共的なサービスは今後ますます利用しやすくすることが求められる時代となった感じです。

司法書士会が主催する無料相談会等も何らかの対応が必要な時代なのかもしれません。

posted by せんすい at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35166422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ